09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011.07.05 (Tue)

ゆっくりと。

チャコの件、ご心配頂きありがとうございます。

祈って下さる方や励まして下さる方のお陰でチャコ共々
家族も救われています。



その後の様子ですが、
土曜日に面会に行って、帰ってきてからごはんを
食べたり食べなかったり・・・になってしまったとのこと。
先生曰く、やはり、「またみんなに置いていかれた、、、」と思って
精神的に落ち込んでいるせいじゃないか。
と。

では、毎日面会に行けばいいのかというと、そういうわけでもなく、
里心がついてしまって、リハビリに集中出来なくなってしまうかも、
とのことで、ここ数日、次回の面会日を先生と検討中です。

麻痺している下半身ですが、
排泄もまだ自力では無理で、尿は相変わらずカテーテルで
取ってもらってます。

ただ、右足が僅かに動くかな?
という感じに見受けられるそうで、少し良い方向へ変化してるかな、
と期待が持てます。



当初、
生きてさえいてくれたら、どんな状態だっていい。
下半身麻痺でも、生きていてくれるだけでじゅうぶん。
と思ってました。

が、人間って、欲深いですね。

“命の危機”から脱すると、今度は、
生きているなら立って欲しい。
出来れば元気に歩いて欲しい。
願わくば元通りに走って欲しい。

と、望んでしまいます。

まだ立てないと決まったわけではなく、これからの
リハビリ次第なのですが、
シッポを動かした、右足が僅かに動くなど聞くと、
早く立って、早く歩いて!と。

焦ってはいけませんね。

人間でも、脳梗塞などで倒れた人のリハビリは大変だと聞きます。

ゆっくり、ゆっくり、少しづつ。

チャコ、無理に頑張らなくていいよ。

でも、諦めないで!





テーマ : 犬のいる生活 - ジャンル : ペット

22:15  |  脊髄梗塞  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: 底力!

To: まるまるさん

早く退院させたほうが回復するんじゃないか?
と思ってしまいます。
食欲がないなんて聞くと、今すぐ迎えに行きたい!ですよ(泣)
でもまだ自力で排泄できないので、1日中介護が必要です。
チャコが退院したら仕事は休みます。
(辞めたいって話したんですけど・・・まあ、その話はまた今度)

チャコ爺は病人、チャコ婆も今日は室内で転倒して負傷。
チャコが退院したら介護。
いったいアタシはどうなっちゃうの~!?(汗)

でも、チャコと一緒にリハビリ頑張りますよ。
チャコ姉 |  2011.07.06(Wed) 21:51 |  URL |  【コメント編集】

To: 安ママさん

会えないって辛いですね、、、(泣)
チャコ、食欲ないんです。
きっとうちに帰りたいんだと思います。

そうそう、わたしもせっかち。。。
短気だし(汗)
信じて待つって難しいですね。

願いは通じるかな。
ありがとうございます。
チャコ姉 |  2011.07.06(Wed) 21:45 |  URL |  【コメント編集】

底力!

欲が出てしまうって気持ちわかりますよ~。
少しでも良くなって欲しいと願うのは当然のことですもんね。
チャコちゃんもきっとお家に帰りたいに決まってます。
早くお家でお世話して上げられるくらいに回復してくれるといいですね。
姉さんの愛情たっぷりご飯を食べてきたチャコちゃんならばきっと、
すごい底力をみせてくれると思います。
ヤマを越えてた今の状況はきっと辛いものと思いますが、
急がば回れ。。。
しっかりリハビリしていただいて下さいね!
又、一緒にお散歩するために。
まるまる |  2011.07.05(Tue) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

チャコちゃん頑張ってますね。
会えないのはお互いに辛いけど・・リハビリに専念!ですね。
這えば立て、立てば歩めの親心・・・誰だってそうですよ。
信じて待つ、これって結構難しいですよね~特に私とかせっかちだからーー;
良い方向に向かうよう、願ってます。
安ママ |  2011.07.05(Tue) 22:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chakoane.blog95.fc2.com/tb.php/270-8c6c39c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |