04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015.12.25 (Fri)

トリプルパンチ!!!


チャコの容体を心配して下さっている皆さま、気にかけて下さっている皆さま、
何からお知らせすればいいのやら・・・


とりあえず、今日現在、かかりつけの病院に入院しています。

昨日、脾臓の腫瘍摘出手術を受けまして、
無事に終了しました。


えっ、なになに?手術??

ですよね、、、


どこから書けばいいのやら・・・



今月初めにガンマグロブリン(ガンマガード)と輸血をした直後は
PCV数値が上がったものの、その後は下降の一途。

新たに3つ目の免疫抑制剤(イムラン)追加するも副作用(下痢)がひどく、
服用中止。

ボンゾール(造血機能を高めるホルモン薬)服用するも副作用(下痢)がひどく、
服用中止。

あとはシクロキャップ(最初から服用している免疫抑制剤)の量を増やすか、
抗がん剤(以前は一般的に使用していたが、現在はあまり使用しない)を
服用してみるか・・・

と、かなり先の望み薄な状況となり、このままでは、貧血が進んだら輸血、
また下がってきたら輸血という「治療」というより「延命」というような
方法しかなく・・・
(12月11日の時点での状況)

そこで、かねてより考えていたのですが、大学病院を紹介してくれるよう
お願いして、一番早い予約を取って頂いたのが、それでも1週間後の
12月18日。

それまでチャコの血はもつのか・・・
1日1%のペースで減り続けているPCV。
12月11日の血液検査では、20%だったので、大学病院受診する頃には
10%台前半に。

それでも行ってみるしかありません。

で、12月18日。

詳しい血液検査と骨髄穿刺の結果、免疫介在性溶血性貧血に変わりはないけれど、
当初のかかりつけ医での診断時とは原因が変化しているようで、
薬の量や種類を再検討する必要が、と同時に、どうせ全身麻酔するなら
CT検査もしてしまいましょう(血栓や何か他の病気があるかも知れないので)と
主治医と担当医で話し合って検査してみたところ、脾臓に4cm大の腫瘍が
見つかり・・・

脾臓の腫瘍は針を刺して細胞検査することが不可能で、開腹して腫瘍を
取って検査しないと悪性か良性か判断出来ないとのこと。

この病気になる前は、年取ってもし病気になったら、切ったり縫ったり繋いだり・・・は、
体に負担がかかるし、痛い思いさせて無理な治療はせず、いつも通りの生活が出来て、
それで楽に(もし痛み止め等が必要なら使用して)最期を迎えられるなら、それで、
と思っていたけれど、脾臓の腫瘍はこのまま放置すれば破裂の危険があるし、
それはいつになるか分からないと言われたら、手術をお願いするしかありません。

ただ、大学病院では年内の手術は終了とのこと、かかりつけ医と相談して
もしそちらで対応出来るなら、早めのほうがいいし、無理なら年明けに大学病院で、
という話だったけれど、大学病院の年明けの診察は1月8日から。
それまでに何かあったらどうするの!?

まずは、全身麻酔で骨髄穿刺したのと、やはりPCVが16%まで下がっていたので
輸血をしたので、(輸血後は22%まで上昇)数日入院して様子を見ましょうということで、
12月18日から22日まで大学病院に入院。
また痛い思いをさせちゃってゴメンね、チャコ。
でも絶対に大丈夫だからね!と言いに、毎日面会に行きました。

そして、年明け1月8日の診察予約をお願いして、22日に大学病院退院し、
一旦帰宅してチャコに晩ご飯をあげた後、私1人でかかりつけ医へ手術日の
相談に行きました。

はやり早いほうがいいでしょう、ということで、翌23日の水曜日は休診日なので、
24日の木曜日に決定。

そして昨日無事に手術を終えて摘出した腫瘍の細胞は検査センターへ。
(結果判明は年内はもう無理かもということで、年明けになるかも)

無事に終わってとりあえずホっとしたのもつかの間、先生から
「右の前足が腫れてますが、何か心当たりは?」と連絡が。
「大学病院ではずっと点滴してましたけど、確か左だったような・・・」

昨日より今日のほうが明らかに腫れが目立ってきているので、何か細菌感染が
原因かも。
だけど、貧血治療で免疫抑制剤を使っているので、抗生剤が効くかどうか。
細菌が全身に回ったら死んじゃいます。
と電話が。

「本当は全身麻酔で腫れてるところを切開して膿んでいれば取れるだけ膿みを
取りたいけれど、さすがに昨日全身麻酔したばかりで今日もというのは・・・
とりあえず、局所麻酔で切開して取れるだけ取ってみます」と。

で、夕方、
「膿を取って検査センターに回しました。どんな細菌で、どの薬が効くのか
調べないと、普通の抗生剤では効かないかも知れないので。
肘が腫れているので、たぶん肘からばい菌入ったかも知れませんね」
だそうで。

そうそう、チャコは脊髄梗塞で後ろ脚が弱くなってから、伏せる時は前足から
ドスンっと床に落ちるので、そのたびに肘が擦れて、肘にタコがあります。

ああ、なんで、こんな時に肘ダコが・・・

普通なら肘ダコが擦れたくらいなら、ほとんど自然治癒するのに、今のチャコは
免疫抑制剤を長期服用しているので、ほんの小さなキズや細菌感染でも
命取りになってしまいます。

先生に、「肘にサポーターでもしていれば良かったのでしょうか」と聞くと、
「それは難しいでしょう」と。

幸い、大学病院で輸血してからPCVの数値はそれほど下がっておらず、
昨日の手術の際も出血量が少なく済んで、術後の血液検査でも下がらず、
貧血については良い兆候が。
なのに、感染症で命を落とすようなことがあっては悔やんでも悔やみきれません。

の前に、脾臓の腫瘍がもし悪性なら、大学病院では「3か月から半年くらい」と
言われています。


今後クリアしなければならないハードルはとてつもなく高い。。。


1.免疫介在性溶血性貧血が寛解に向かう。
2.脾臓の腫瘍が良性。
3.感染症を薬で抑えられる。

この3つを乗り越えないと、虹の橋が見えてきてしまいます。


もー、踏んだり蹴ったり殴ったり。
チャコにとってこれ以上の試練、困難、苦難はないでしょう。


というわけで、チャコ家、クリスマスもお正月もないです。
そんなものなくても、チャコが無事ならいいんですけど・・・






テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

21:30  |  免疫介在性溶血性貧血  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

To: チビスケ母さん

チャコ、24日に手術して26日に退院してきちゃいました。。。ハハ。
鬼の居ぬ間・・・じゃなくて、チャコの居ぬ間にアレやコレや片づけて
しまおうと思っていたのですが、先生が病院だとストレスたまるだろうし、
開腹後の傷も痛そうじゃない(痛みがあるなら食欲落ちるけど、ごはんは
シッカリ食べるので。。。)ので、通院でもOKということで、毎日通院してます。

強運なのか運が無いのか、老犬になったら日々穏やかに過ごせれば、
と思っていたのに、何なんでしょうね、この状況は。。。(涙)

でも、いま共に生きていることに感謝しながら1日1日大切に過ごして
いこうと思います。
何か、状況は最悪~な感じですが、食欲は衰えず、、なので、
チャコ、大丈夫なような気がします。
(気のせいか?いや、何事も気の持ちようは大事)

チビスケ母さんもきっともう何年も前からクリスマスやお正月だって
ゆっくり過ごせない日々が続いていると思いますが、
くれぐれもご自愛下さい。
健康第一!!!ですよ。
チャコ姉 |  2015.12.29(Tue) 10:51 |  URL |  【コメント編集】

To: ソフィーのママさん

貧血の治療だけでも大変なのに、次から次と災難が・・・
という感じです(涙)

肘だこからの細菌感染が治まらないと敗血症の危険があるので
今は貧血よりそちらの治療を優先しています。
(なので、ステロイドは最低量に変更)

祈ってくれてありがとうございます。
希望を捨てずに頑張ります。
チャコ姉 |  2015.12.29(Tue) 10:34 |  URL |  【コメント編集】

To: まるまるさん

ぐったりしていたり、痛くて辛そうだったり・・・
もう生きるの大変、勘弁して、、、って“気”を発していれば、
こちらも「もう頑張らなくていいよ」と言ってあげよう、と覚悟はしていますが、
何しろ元来が食いしん坊バンザーイ!な子なので、食欲はあります。

食べることは生きること。

食べたいならまだまだ生きたいのだろう。
それなら生かしてあげよう。
と思うわけで・・・

ティーちゃん、そんなことになっていたとは。
握りこぶし大って、かなり大きいですよね。
脾臓の腫瘍は破裂の危険があるそうで、大事に至らず良かった!!

祈ってくれてありがとうございます。
私もティーちゃんの予後が順調で健やかに過ごせますよう
お祈りしています!
チャコ姉 |  2015.12.29(Tue) 10:29 |  URL |  【コメント編集】

まさに踏んだり蹴ったりのようにも思えますが、
CTで腫瘍が見つかるチャコは、
やっぱり強運の持ち主だと思います。
大変なのは誰の目にも明らかですが、今こそ踏ん張り時ですものね。
クリスマスもお正月もなしなんですもの、
チャコ復活の日は近いに決まってます!
こんな時、看病する側も、元気でいなくちゃです。
入院中は、お見舞い以外はしっかり休んで、チャコの退院に備えてくださいね~。
チビスケ母 |  2015.12.26(Sat) 19:11 |  URL |  【コメント編集】

チャコちゃん いろいろ大変だったのですね。
でも、早め早めの適切な処置で 乗り切っている様ですね。
3つの山乗り越えられること、願っています。

クリスマス、お正月が無くても、チャコが無事なら と、チャコちゃん愛されていますね。
その気持ち、きっと届くように。
ソフィーのママ |  2015.12.26(Sat) 10:10 |  URL |  【コメント編集】

痛かったり、辛い治療や手術、よく頑張ってくれていますね。
現状を改善するために、その都度色んな判断をしていかねばならないっていうのは、しんどいですね。
実は9月にティーダも腎臓腫瘍の疑いで(エコーでは握りこぶし大の影)
切除可能ならばそのまま手術へ切り替えの予定でCTを撮りました。
腎臓ではなく、脾臓の腫瘍ということでその場ですぐ開腹し切除となりましたが、結局大きな血腫でした。
不整脈が頻発し、心臓の方が危険な状態であったことを聞き驚きました。

今は姉さんにガッチリ守られて、チャコちゃんが三つのヤマを乗り越えてくれる様、祈っています!


まるまる |  2015.12.26(Sat) 01:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chakoane.blog95.fc2.com/tb.php/462-12867f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |