09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016.04.22 (Fri)

予防接種卒業。


こっ、腰がぁ、、、

またやってしまった模様(涙)

だいぶ良くなったので、ちょっと油断したら・・・

2階から1階にチャコさん抱っこして降ろす際に・・・

あああ、、、でも、前回のギックリ~よりは軽症のようで、
動くたびにイテテ、あたた、も無く、何とか動けてます。。。




さて、4月15日の話。

細菌感染治療中の皮膚の具合をチェックしてもらうためと、
お薬と薬用シャンプーが無くなったので、かかりつけの病院へ
チャコさん連れて行ってきました。


私 : なんだかお尻付近がガチガチなんですけど・・・

先生 : んん、ちょっと、このへんの皮膚、削ってみていいですか?

私 : どーぞ、どーぞ、(削ったら痛いのかな??汗)

って、やっぱり痛いようで、ピーピー泣いて大騒ぎ。。。


で、皮膚を削ってみて、先生の見立ては、

「皮膚石灰沈着症」
じゃないか?
と。

これまたステロイドの副作用らしく、長期服用していると
皮膚にカルシウムが沈着してしまい、皮膚が厚くなって
ひび割れてかさぶたになりボロボロはがれ・・・
という副作用(病気)だそうで、、、

感染症治療の抗生剤は一旦終了。
で、かさぶたボロボロ~の皮膚は、
「引き続き週2回の薬用シャンプーしながら様子をみましょう。
時間かかるけど、命に関わるものでもないし、気長に・・・」
と言われまして。

まあ、次から次と感染やら副作用やら・・・
つくづく、よく生きてるなあ、と感心。



しかし・・・

これからも週2回シャンプーか・・・

こっ、腰が・・・(涙)




そして、チャコのような病気持ちじゃなくても病院に行く機会が増える
シーズン突入ですね。
狂犬病や混合ワクチン接種にフィラリア検査や予防薬などなど。

ですが、チャコは今後はもう狂犬病予防ワクチンも混合ワクチンも
接種不要です(接種出来ません)

免疫抑制剤を服用しているので、この病気(免疫介在性溶血性貧血)の
わんこはワクチン類は接種厳禁です。

なので、狂犬病は心配ないと思うけど、
今後はより一層健康管理に注意せねば。

正直、予防接種しなくて良くなって、ホっとしてます。
予防接種で副作用が起きるのは1%、そのうち死亡率は5.5%と
言われてまして、死亡までには至らなくても、接種後に顔が腫れるとか
グッタリするとか、副作用と思われる症状は多々あり・・・

ちなみに、貧血の病気の発症もワクチン接種や化学物質(薬剤)が
関連あることが発見されています。
(甲状腺機能低下やガンなども)

どんな薬もワクチンも、予防や治療に効果がある反面、
副作用もあるわけで、
毒にもなり、薬にもなり・・・
悩ましいところですね。

で、チャコさん、
細菌やウイルス感染は致命的なので、不特定多数のわんこが出入りする
場所や、擦り傷、切り傷を作りそうな藪の中や山道、川に入るのもやめたほうが
良いねえ、バッチイもんねえ。

おっと、家の中のほうが汚いかも。。。掃除、掃除、、(滝汗)

そんなわけで、いろいろ制限や制約が増えて、お気の毒様、
と思うけど、本犬、発病前ももともと他のわんずと戯れることを好まず、
散歩も気が向けば行くけど、行く気が無い時は、意地でも行かん!
な頑固者で、例えばもうドッグランにも行かれないね、なんて哀れに思う
必要も無く、生活自体は以前とほとんど変わりなく・・・

なので、食べられるだけでじゅうぶん幸せ♪かも。







チャ : そうよ、早くごはん作ってよ!!
DSC_0130_20160422_01.jpg





テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

10:30  |  免疫介在性溶血性貧血  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chakoane.blog95.fc2.com/tb.php/483-b3aaed48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |