09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016.09.11 (Sun)

肘あてわんこ服♪


忘れないうちに、前回の続き・・・(急げ、急げ


チャコ婆(母)の寝室に侵入して布団に放尿しちゃったぞ事件の翌日の
8月29日、またまたチャコ婆大騒ぎ。。。


来て、来て!ちょっと来てー!!

(と、騒いでいる時は、だいたい原因はチャコなんだけどね、、、汗)

はいはい、今度は何事でしょ?

チャコが逃げて行ったから、また床にシッコでもしたかと思って
見に行ったら、ほら、何か・・・
ウンチかと思ったけど、血じゃないの??

えっ、どれどれ・・・?

テーブルの下に何やら黒っぽいシミ(汚れ?)が。

よーく見ると、血!?

ああーーー、チャコさん、また肘ダコ爆発かー!?



そうなんです、チャコさん、立派な肘ダコをお持ちで。。。Orz


6歳の時に脊髄梗塞で下半身不随→リハビリで復活して以来、
後遺症で後ろ足が弱いせいで、床に伏せたり寝返りしたりする際に
前足(肘)に負担がかかって肘ダコ発生。

さらに、昨年、免疫介在性溶血性貧血の治療でステロイドを
長期間服用していた副作用で、足の筋肉が落ちてしまい、
前足頼みの体勢に拍車がかかり、肘ダコはスクスクと成長し、、、

昨年末は肘ダコが擦れて細菌が入り、免疫抑制剤を服用していたために
症状が急速に悪化して敗血症のピンチに。

そんなことがあったので、クリーム(馬油)塗ったり、テープ巻いてみたり、
擦れないように注意はしていたものの、根本的な解決策は無いまま今日に至り・・・





で、その日、急いでかかりつけの病院へ。
はあ、こんな時、仕事が休みで良かったわ。

タコから出血している部分を調べてもらったところ、少し白血球が多め
(=細菌有り)なので、しばらく抗生剤を飲んで、肘は包帯で保護して、
また3日後に。
ということになり・・・


あああ・・・また大嫌いな(チャコもアタシも)薬の日々が・・・(泣)


3日後に病院行ったら、また3日後にってことだったのに、
シッカリ巻いてもらったはずの包帯が早速翌日にはズレ落ちちゃって、
「先生、今日も来ました。」なんて、、、涙。


そんなこんなで、これからずっと病院連れて行って包帯巻いてもらうわけには
いかないし、(それで治るわけじゃないので)擦れた部分はくっついたので
薬は一旦終了ってことになったけど、じゃ、今後また出血したら
また同じことの繰り返し?

先生曰く、方法としては、タコを取るか(外科手術)擦れないように気をつけるか
ってことしか無いんですよねえ。
だそうで。

ああ、悲しき大型犬の宿命。
否、大型犬じゃないんだけど、重さは“小ぶりなゴールデン”並みで。。。
しかも、後ろ足に難あり、なシニア犬。


さてさて、どうする?

♪あなたな~ら、ど~する~♪


で、出した答え。↓







チャ : こんなん出ました~♪(*´∀`*)♪

DSC_0299_20160911_01.jpg


ちとサイズが、、、?


袖が長過ぎ??


ラブラドールレトリバー向きのサイズだから仕方ないよね、
だって、自分じゃ作れないも~ん。。。汗

でも、けっこう似合ってるわよ♪
(ぶっ、○ばか・・・)






テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

15:00  |  免疫介在性溶血性貧血  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chakoane.blog95.fc2.com/tb.php/502-8ab24976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |